岩手大学理工学部で学生実験支援研修を行いました!

9月18日(水)~20日(金)に岩手大学理工学部にて「学生実験支援を確実に行うための技術力向上研修」が開催され、分析系小川奈津美さんが講師として参加されました。以下、小川さんからの報告です。


『参加者は化学、農学、電気などさまざまな専門分野を持つ技術職員9名で、初日は自己紹介やお互いの学生実験支援の状況などについて情報交換を行いました。
2日目は実技で、学生実験の1テーマである「酸塩基滴定」を行いました。参加者にとっては実験原理や濃度計算の確認、滴定実験、そして得られたデータの解析と、内容がぎゅぎゅっと詰まった一日になりました。
最終日には、2日目のデータ解析の確認およびこの研修を通して気づいたことや感じたことについて意見交換を行いました。
化学実験をほとんどしたことがない方や毎日のように実験をされている方など、各々の実験経験はばらばらだったのですが、怪我も事故もなく無事に研修を終えることができました。参加者の方からは「参加して良かった」「またやりたいね」という声もあり、嬉しく思いました。』

      

リンク:
岩大エキス(2019年9月20日 職員の日々の努力)【岩手大学技術職員のブログ】