ものづくり

業務紹介

ものづくり系では、ものづくり教育研究センターでの業務を主に行っています。ものづくり教育研究センター(以下、ものづくりセンター)では、教育・研究にかかわる学内外の利用者へのニーズにこたえられるよう、高度な技術やスキルを活かして業務を行っています。また、授業支援、講習会、地域貢献事業等も行っております。

  1. ものづくりセンター業務

ものづくりセンターは多くの機械を取り揃えており、利用者の加工要求にこたえられるよう、維持管理運営を行っています。機械は「旋盤」「フライス盤」「ボール盤」「ホブ盤」「のこ盤」「コンターマシン」「マシニングセンタ」「複合加工機」「微細精密加工機」「平面研削盤」「円筒研削盤」「ベルトサンダー」「ラボカッター」「両頭グラインダ」「レーザ加工機」「型彫放電加工機」「ワイヤ放電加工機」「シャー」「プレス加工機」「プレスブレーキ」「3本ロール」「3Dプリンタ」「卓上NCフライス盤」「スポット溶接機」「TIG溶接機」「MIG溶接機」「アーク溶接機」「3次元座標測定器」「表面粗さ測定器」「レーザ顕微鏡」30種類54台あります。

1.1 講習会業務

ものづくりセンター内の設備を利用するにあたり、年に2・3回利用講習会を開催しています。ものづくりセンターを利用するのに講習会の参加が必須であり、年間200名程の受講者が参加しています。また、使用頻度の多い機械・専門性の必要な機械測定機に関しては機械ごとの講習会も開催しています。

1.2 加工依頼品製作業務

教員や学外から、ものづくりセンターへ加工相談や加工依頼に対応しています。加工相談では、材料の選定・発注、図面の作成方法、加工方法、設備利用相談等様々な相談に、直接相談以外に電話やメールでも対応しています。加工依頼は年間100件程度あり、試験片製作や実験装置の部品等の加工・製作をしています。

1.3 地域貢献事業

地域貢献事業として、夏休みに「創造性豊かなものづくり体験学習」を開催しています。小中高校生対象で、2日間でロストワックス法による作品を制作してもらっています。

また、年に数回、ものづくりセンターの見学に対応しており、小中高の学校はもちろん、一般企業や学会等の団体に説明や実演等を行っています。

1.4 「学生と教員の共同プロジェクト」事業対応

学生と教員の共同プロジェクトの中で、「学生フォーミュラ参戦プロジェクト」「ROBOCON挑戦プロジェクト」の2つのプロジェクトに、ものづくりセンターの設備を利用しており、学生が安全に利用できるように対応しております。

1.5 学生スタッフの育成

2015年度より、ものづくりセンターで学生スタッフが活動しています。主に講習会の企画や加工補助、加工相談に対応していますが、その学生スタッフへの指導、教育を行っています。また、スケジュールの調整や情報の共有化を行っています。

  1. 授業支援業務

前学期では機械工学課程の「機械加工法及び実習」を、後学期では機械工学課程の「創造設計製図演習」と、ものづくり教育研究センター主催の「ものづくり加工実習」で技術指導を行っています。

  1. 大学運営における技術支援

ISO14001環境マネジメントシステムの内部監査員として、環境分野業務にも参画しています。

専門技術

  •  機械加工(機械を利用した加工)
  •  溶接
  •  手仕上げ
  •  板金加工
  •  図面製作(CADを含む)
  •  NCプログラミング(CAM)
  •  機械設計(CAEを含む)

資格・免許

  • 危険物取扱者(甲種)
  • ガス溶接技能講習
  • アーク溶接特別教育
  • 粉塵作業特別教育
  • 研削といし取替又は取替時試運転
  • 玉掛け技能講習
  • クレーン特別教育

ものづくり教育研究センター作業風景 ものづくり教育研究センター機械配置図